50代バツイチ男性が恋愛や再婚する方法は?

犬とお買い物の女性


50代でバツイチの男性でも平均寿命を生きたとしたら、これからおよそ30年あるため、このまま独身を貫くにはまだ早くもう一回恋愛して再婚したいと考える人も多いと思います。



50代再婚の障害は?


だけど40代までだと子供がまだ欲しいと考える男性が多いですが、50代で結婚して子供が生まれたら成人するまでに70歳を超え下手したら80歳になるので、結婚相手に求める条件もかなり変わってきて方法も変わってきます。

そもそも50代のバツイチで再婚できるのかと不安に思う人もいるかもしれませんが、最近では子育てが終わって熟年離婚も増えた事もあり男女共に2万人近くの人が再婚をしています。

そして50代で再婚をする人が増えているため、新聞や雑誌などでは、50代は第二の適齢期とも言われてます

結婚相談所の利用


まず最もポピュラーな方法は、熟年世代向けやまだ子供が欲しい場合は、通常の結婚相談所を利用する方法です。

子供ができなかった事が理由でバツイチになった男性の場合は、妊娠適齢期の30代前半までやさらに若い20代の女性と結婚したいと考えている人もいます。

普通に考えたら20歳から30歳ぐらい年齢が離れているので相手の女性を見つけるのは難しいと考えがちですが、年齢を重ねた男には若い世代に無い魅力がいくつかあり、それを求めて結婚してくれる若い女性もかなりいます

具体的に若い世代にはない齢を重ねて来た男の魅力は、圧倒的な経済力とそれを背景にした心のゆとりや、一度離婚した経験から学んで成長している事です。

20代女性が30代の相手と結婚した場合には、通常は経済力が無いため出産後に仕事に復帰する必要がありますが、経済力のある男と結婚すれば働かなくても楽に生活できるので、そういった男の求めている女性も多いです。


特殊な結婚相談所


結婚相談所の中には、男の会員の入会条件が年収1000万円以上で、女の会員の入会条件が20代までというサービスも存在します。

もうすでに子供が大きくなっている場合には、老後をいっしょに楽しんだり、介護して自分の面倒を見てくれる元気な女性を求めている男性もいます。

男女共の50代以上が入会条件の熟年から老年のカップルを探す目的の結婚相談所が合って、そういったサービスの場合はお互いに老後を楽しむ相手を求めているので効率良く再婚相手を見つける事ができます。

また介護をしてくれる元気な女性を探している男性向けの、女性の入会条件が看護師や介護職での職歴がある人限定の結婚相談所なども存在します。

出会い系サイトであれば、なにも制限はないので50代でもバツイチでも再婚できる可能性は十分あります。

ページの先頭へ戻る